キレイになりたい!欲求を叶えてくれる美容整形。鼻整形、レーザー脱毛は大阪、東京の美容外科で

プチ整形を求めてクリニックに足を運ぶ人もいればがっつりと整形をして理想を追求する人もいます。美容整形の技術は私たちの欲求を叶えてくれるのです。

TOP > 美容整形 > 美容整形大阪 > 豊胸 > 豊胸手術をするなら脂肪注入法

豊胸手術をするなら脂肪注入法

美容整形手術で脂肪注入豊胸では、お腹やお尻など余っている脂肪を吸引し、バストに注入する施術方法となっています。従来までは、時間が経過すると、注入した脂肪が体内に吸収されてしまうので、しぼんでしまうことがありましたが、技術が向上しているので、現在では時間が経過しても吸収されず、半永久的に綺麗な状態をキープすることが可能となっています。

自分の脂肪を採取しているので、部分痩せをすることも可能ですし、豊胸手術で胸を大きくしていますので、理想のボディラインになることができます。簡単に維持することができるので、豊胸手術を受ける人が増えています。

豊胸手術の歩みについて

脂肪注入による豊胸手術と、シリコンパックによる美容整形では一体どういった点が異なっているのでしょうか?まず大きく異なっているという点としてはなんといってもやはりシリコンを移動させているのか、自分の体中に入っていた脂肪を移動させるのかという点でしょう。

シリコンパックですと大きさはいくらでも変化させることができますので自分の体型に関わらずサイズアップすることができるのですが、脂肪の場合には当然とれた分のみのアップになりますので思っていたよりもカップ数を上げることができなかったという人も中にはいます。しかし脂肪注入の方が定着率は高く、年数がたってきた時に綺麗な形を保ち続けることができるのです。

豊胸手術に永久性について

脂肪注入による美容整形・豊胸手術を受けた場合には一体どれくらいの期間の施術後の胸をキープし続けることができるのでしょうか?永久性があるものなのでしょうか?脂肪は元々体の中に入っていたものになります。また脂肪というのは落とそうと思えば落とすことができるものですよね?つまり移動させたとしても何かしらの衝撃を与えてしまったり、体の中で脂肪が溶けてしまったりすると自然と胸は元に戻ってしまうことがあります。溶ける前に定着してしまえばいいのですが…そういった点は体質によって異なってきますのでどのような変化をするのかは実際に施術を受けてみないとわからない所も多いです。

体への負担が大きい豊胸手術

美容整形の中でも体への負担が大きいと言われているのが脂肪吸引の施術と豊胸手術です。なぜこちらの体への負担が大きいのかと言いますと全身麻酔を使用するという点が大きいです。特に2つの施術を一緒に行うような脂肪注入の施術に関してはさらに負担が大きくなっています。

そのためダウンタイムにかかる時間もそれよりも長く、症状が重い人ですと痛みから熱が出てしまう人もいるようです。事前に医師に痛みが出やすい体質だということを相談しておくと薬などを処方してくれますので気になる人は相談してみるといいかもしれません。あまりに症状が重いようでしたら相談することも大事です。

豊胸手術と補正下着の重要さ

美容整形の脂肪注入の豊胸手術の施術を受けた後にはなぜ矯正下着を身に着ける必要があるのでしょうか?必ず全員身に着けなければならないようなものなのでしょうか?病院から支給されることが多いのでできる限り身に着けるようにしましょう。

施術の後には腫れなどが出てしまい通常の下着を身に着けることができない可能性もあります。そういった時のこちらのような下着がとても便利なのです。また施術を受けてからすぐに形が定着するようなものではなく、だんだんと形が崩れないように自分の体と定着していくものになります。そういった意味でも大切なものなのです。

関連記事

MENU

鼻整形・隆鼻、レーザー脱毛等の美容整形をお考えなら、大阪、東京の多くの美容外科から美容外科を探してください。

鼻整形・隆鼻、レーザー脱毛等の美容整形の情報以外のお問い合わせはこちら