キレイになりたい!欲求を叶えてくれる美容整形。鼻整形、レーザー脱毛は大阪、東京の美容外科で

プチ整形を求めてクリニックに足を運ぶ人もいればがっつりと整形をして理想を追求する人もいます。美容整形の技術は私たちの欲求を叶えてくれるのです。

TOP > 美容整形 > 美容整形大阪 > 豊胸 > 豊胸手術を受ける前の流れについて

豊胸手術を受ける前の流れについて

豊胸手術や脂肪注入を受けるまでの大体の流れについてご説明しましょう。美容整形には様々な施術の方法がありますのでどういった施術を受けるのかによって多少変わってくるのですが大体のスケジュールにそこまで変わりはありません。まずはカウンセリングの予約をしましょう。

美容外科は完全予約制の所がほとんどですので必ず自分が行きたい日に予約を入れるようにしてください。門前払いされてしまう可能性もないと言い切れません。そのカウンセリングで一体どういった胸になりたいのかを先生に伝え、その胸になるためには一体どのような施術を受けるのが一番いいのかを確認してもらいます。

豊胸手術を受けたいなら脂肪注入法がおすすめ

脂肪注入豊胸での美容整形手術を希望される方は増えています。この施術では、お尻やお腹周りの、余分な脂肪を取り除いて、胸に直接注入していきます。いままでの豊胸術では、脂肪が体内に吸収されてしまうので、しぼんでしまうことがあり、何度も施術を受けないといけないというケースもありましたが、技術が発展したことにより、半永久的に効果を持続させることができるようになっています。

自分の脂肪を使っているので、部分痩せをすることも可能ですし、見た目も美しい体になることができます。豊胸手術を希望しているのは若い人たちがとても多いです。

関連記事

豊胸手術でおすすめの施術方法

豊胸手術はいろいろな施術方法が開発されている美容整形手術です。人気の方法はシリコンバック注入法と脂肪注入法となっています。シリコンバックを注入する方法では、メスを使用しシリコンを胸に注入していきますので、ダウンタイムが長くなってしまいます。

傷跡も大きくなるので目立つことがありますが、シリコンの大きさを自由に選択することができるので、胸の大きさを選択することができます。脂肪注入法では、自分の余った脂肪を再利用するので、メスを使用せずに細い注射器だけで施術をすることが出来るので、ダウンタイムが短くなっていますが、脂肪がない方は施術を受けられませんし、自由に大きさを選択することができません。

いろいろな施術方法がある豊胸手術

美容整形手術の中でもいろいろな施術方法が開発されているのが豊胸手術です。大きく分けるとシリコンバック注入法と脂肪注入法に分類され、シリコンバック注入法は、メスを使用し、シリコンを入れていくので、ダウンタイムが長くなってしまうデメリットがあります。

しかしシリコンの素材を選ぶことができるので、大きさや柔らかさは自分の好みに合わせることができます。脂肪注入法は、メスを使わずに施術をすることができるので、ダウンタイムが短いというメリットがありますが、自分の脂肪を注入するので、大きさや柔らかさを選択することができません。

豊胸手術って入院が必要なの?

豊胸手術の美容整形にかかる時間というのはどれくらいの時間がかかるのでしょうか?まず施術当日は最後の確認を医師とします。どういった施術をするのか、どういう胸になるのかといったことを、具体的に話をして自分が思っていたものと差がないかどうか確認します。

もし違和感があるようでしたらここが確認する最後のチャンスです。脂肪注入などの場合もしっかり疑問などが残らないように確認するようにしましょう。そしてお互いの同意が取れ次第施術に入ることになります。全体的な時間としてはどれくらいの規模の除去をし、移動させるのかによって異なってくるのですが大体半日くらいで終わることが多いようです。入院は不要です。

MENU

TOP   豊胸   二重整形   美容整形   美容整形大阪   鼻整形   脂肪吸引   レーザー脱毛

鼻整形・隆鼻、レーザー脱毛等の美容整形をお考えなら、大阪、東京の多くの美容外科から美容外科を探してください。

鼻整形・隆鼻、レーザー脱毛等の美容整形の情報以外のお問い合わせはこちら