キレイになりたい!欲求を叶えてくれる美容整形。鼻整形、レーザー脱毛は大阪、東京の美容外科で

プチ整形を求めてクリニックに足を運ぶ人もいればがっつりと整形をして理想を追求する人もいます。美容整形の技術は私たちの欲求を叶えてくれるのです。

TOP > 美容整形 > 美容整形大阪 > 脂肪吸引

理想のボディデザインをするなら脂肪吸引

脂肪吸引をしたら、理想的なボディデザインに体を変えることができます。脂肪の吸引をすることでのボディデザインは脂肪を落としたい部位を、ピンポイントで狙うことができます。ダイエットは、脂肪を全体的に落としていくしか方法がありませんので、脂肪吸引との大きな差となります。

脂肪細胞は数が決まっているので、体重増減に合わせて、増えたり減ったりすることがなく、ダイエットで体重を落としたとしても、脂肪細胞の数は変わりませんので、ダイエットに成功したとしても、気を抜くとすぐにリバウンドしてしまいます。脂肪の吸引をすると、脂肪細胞の数を減らすことができますので、理想のボディラインにすることができます。

なぜ脂肪吸引には血液検査が必要なの?

なぜ脂肪吸引の施術を受ける際には特別に血液検査があるのでしょうか?こういった検査があるのは他の施術でもあまり見かけることがありません。顔の施術だけの場合でこちらの検査があるような施術はほぼないと言っていいでしょう。

なぜこういった検査が必要なのかといいますと脂肪も体を成り立たせるための重要な成分です。脂肪の吸引をすることによって日常生活を送ることができないような体になってしまっては意味がありません。そういったことを防ぐためにもこの人はどこまでの施術であれば耐えることができるのかということを知っておく必要があるのです。

脂肪吸引あとのダウンタイムってどんな感じ?

脂肪吸引を受けた後のダウンタイムは一体どのような感じなのでしょうか?どの部分に対して施術を受けるのかによってもどれくらいの期間ダウンタイムがあるのかも大きく変わってくるのですがおおよそ10日ほどあると言われています。

特徴的なのが筋肉痛のような痛みで、おそらく脂肪の吸引をする際に周りの脂肪が引っ張られてしまうためそういった痛みがでるのでしょう。腫れはほとんど出ないので主な症状としては痛みです。あまりにも痛みがひどい時には病院から痛み止めも出してもらえることがありますので痛みに弱い人は事前に相談しておきましょう。

脂肪吸引のトラブルを知っておこう

脂肪吸引というのは美容整形の中でも大きな施術になってきますが、トラブルなどはあるのでしょうか?最近では技術も進歩しているのでほとんどトラブルが起きるようなことがありませんが今までには受けた人の中でトラブルが起きてしまう人もいました。

どのようなトラブルが起きやすいのかといいますと、まずは管が血管にささってしまうといったことです。本来刺してはいけない所に脂肪の吸引するための管を指してしまい傷ができ出血してしまったという話も聞きます。最悪死に至ってしまうケースもあったようです。そうしたリスクを背負っているということを忘れてはいけません。

脂肪吸引にかかる時間はどれくらい?

脂肪吸引にかかる時間というのはどれくらいなのでしょうか?まず当日には軽く医師と最後のカウンセリングをします。そしてそれが完了したら、麻酔をします。脂肪の吸引で使用される麻酔は全身麻酔になります。全身麻酔が効いてきたらようやく施術が始まります。

麻酔が効いているので施術を受けている間の記憶はないでしょう。気が付いたら終わっているというイメージです。全身麻酔が完全に抜けるまでは動くことができませんので施術後2,3時間はベッドで横になりつつ安静にした後帰宅になります。1日あれば全て完了しますので入院などは必要ありません。

脂肪吸引の良さというのはどういった点?

脂肪吸引の良さというのはどういった点にあるのでしょうか?受ける人が少なくなってしまえばそれだけ技術もどんどん廃れていってしまうのですが脂肪吸引に関しては廃れることなくずっと技術の発展を続けています。つまりそれだけ受ける人が後を絶たないということになります。

脂肪の吸引の良さというのはどの辺にあるものでしょうか?まずはすぐに自分の理想の体を手に入れることができるという点です。通常であれば本当に自分の望部体をゲットするためには3か月くらいかける必要がありますがこの施術を受けてさえしまえば1週間たらずでゲットすることができるのです。

関連記事

MENU

鼻整形・隆鼻、レーザー脱毛等の美容整形をお考えなら、大阪、東京の多くの美容外科から美容外科を探してください。

鼻整形・隆鼻、レーザー脱毛等の美容整形の情報以外のお問い合わせはこちら